忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

漫画家マンガを読め!

マンガの中でも特殊なジャンルを確立しつつある漫画家、漫画家周辺(書店や編集、小説家、作家・画家)を扱った漫画を語っていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016年 08月 24日|comment(-)

龍の進撃

やくざが漫画家目指すという話でギャグとシリアスの線ぎりぎり。

中3本は普通のやくざ漫画で、落ちは手塚か!

龍の進撃 (ニチブンコミックス)
山口 正人
日本文芸社 (2015-09-28)
売り上げランキング: 53,975

龍の進撃 [ 山口正人 ]


価格:669円
(2015/11/28 02:42時点)


PR

もののべ古書店怪奇譚

もののべ古書店怪奇譚 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
紺吉
マッグガーデン (2015-06-13)
売り上げランキング: 16,749
鬼の書いた古書を読むと鬼になり、その鬼を狩る鬼の話。
明治大正っぽい雰囲気で黄昏時がにあう作品。

主人公の寡黙な青年の正体、子供の正体と二段構えで見せ場がある。
けっこう流血ものなので苦手な人はいるかも。

主人公の背負う孤独や切なさが味わい深い。

子供の顔をしたソレがなんのかんの言いながらそばにいることで孤独は少しは紛れているのかも。
にぎやかしの編集がもう少し主人公によりそってくれればいいな。
主人公に古本屋を譲った人との話しもまた描いてほしい。

ほっぺたバンソーコー主人公はいろっぽくてよい。

ただストーリーは少し弱い気がする。

ほんとねこ

webマンガ。

ほんとねこ
ほんとねこ
posted with amazlet at 15.07.08
スズシロ
学研パブリッシング
売り上げランキング: 3,800

絵が小さすぎる。なんでもっと余白を狭くしないんだ?

しかも印刷が茶色なのでさらに文字が読みにくい。

猫と本を愛する話。
本屋さんの苦労を鑑みて書店ではできるだけ検索機械を使おう。

それにしても書店で働くのは体力がいりそうだ。

バーナード嬢曰く。(2)

二巻がでた!
著者の作品では「さなぎさん」より好きかも(笑)。
バーナード嬢曰く。: 2 (REXコミックス)
一迅社 (2015-07-27)
売り上げランキング: 50

あいかわらず知ってるけど読んでない、読めない本をバーナード嬢が読むふりをしていてくれる。
それでなんだか読んだ気になるからおもしろい。

さんざんネタにされるグレッグ・イーガンはいいかげん読もうかなあ。相方ちゃんは読んでいるんだよなあ。
ミステリとSFの話が多くて嬉しい。今回は村上春樹もでた。

村上春樹についてはよくぞ言ってくれました、と。
村上春樹は私もどういうスタンスで読めばいいのかわからない。
私の場合は「羊をめぐる冒険」の5ページあたりで挫折した。

おもしろくないならこんなに読まれているはずないんだからおもしろいんだろうけど、どうにも読めない。
なんだろう、この相性は。

村上春樹の話題がでると、「ああ、村上ね、龍の方は読んでるんだけどねえ」とごまかす。


バーナード嬢曰く。(2) [ 施川ユウキ ]


価格:668円
(2015/8/5 21:26時点)

いぬにほん印刷製版部

あいかたちゃんに「なんでこの本買ってきたの?」と言われた。
だってほら印刷屋さんの話で印刷屋さんには日頃お世話になっているから~。
いぬにほん印刷製版部 1巻 (まんがタイムコミックス)
芳文社 (2015-02-20)
売り上げランキング: 76,940

絵柄はかわいくてすっきり。萌え絵じゃないところが好感。
印刷業界あるある話だが、たぶん同人やってる人にもけっこうあるある。

「このメニューの紙、何使っているんだろう」は鉄板。


いぬにほん印刷製版部(1) [ 瀬野反人 ]


価格:668円
(2015/8/5 21:26時点)
感想(1件)

↑page top↑