忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

漫画家マンガを読め!

マンガの中でも特殊なジャンルを確立しつつある漫画家、漫画家周辺(書店や編集、小説家、作家・画家)を扱った漫画を語っていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 12月 15日|comment(-)

描かないマンガ家

完結しましたねー。
描かないマンガ家 7 (ジェッツコミックス)
えりちん
白泉社 (2014-12-26)
売り上げランキング: 12,045

いやあ、1巻からはまったく予想外の展開となりました。
5巻あたりくらいから少しずつ重くなっていったんだけど、6巻でもうコメディとかいえなくなってきてて、しかしよく7巻1冊で感動のエンディングを迎えることができたなあ。

ずっと1巻の調子のギャグでもいける作品だったんだけど、シリアス路線にもっていった勇気はすごい。

7巻で刃先生に向けられる言葉のひとつひとつが、立ち止まっているクリエイターへの言葉になっていると思う。

それにしてもマコちゃんがいい人すぎて辛い。

(1-7巻 全巻) 4,040円(税込)【全巻漫画.com】

(1-7巻 全巻) 4,899円 (税込)【漫画全巻ドットコム】
PR

描かない漫画家 えりちん

描かないマンガ家 1 (ジェッツコミックス)
描かないマンガ家 1 (ジェッツコミックス)

描かない漫画家は漫画家だろうか。書かない作家は作家だろうか。
漫画家や作家が職として成り立つにはそれでお金をもらってくっていけなければならない? いや、ただ心の中で思っていればいい、自分は作家だと。
この作品は大学をでたあと、親の金でマンガの専門学校に通い、いまだにネームのひとつも描かない(えがけない?)漫画家の話だ。

いたたたたたっ!

今世の中の何人かは胸が痛まなかったか?

実は私は「職」と名がつくにはそれで生活していけなければならないと思っている。
だから九〇年後半から二〇〇四年くらいまでは私は「作家」だった。バイトもしてたけどまあまあ小説で飯が食えた。今は───まあ聞くな。
しかし公式な職を聞かれた場合や公的な書類を書く場合には「自由業」あるいは「文筆業」と記す。
心の中では、胸の内では、意識では私は作家なのだ。たとえ派遣社員としての給料が原稿料を上回っていても!

そんなわけでこのマンガはまあタイトル通りで。
表紙の絵はきもいけど、中の絵はきれい。女の子たちはみんな美人でかわいくて、ちょっと甲斐谷忍の絵にも似た線のきれいさが気持ちいい(もっときれいだ)。
主人公がいかにしてマンガを描かないかという話で、どの話もちょっと身につまされる。私もブログの更新ばっかしてないで作品かけよ、と自分で自分を叱咤激励するんだけどね。
そう、忙しくってブログや同人誌なんか作ってる暇ないってのが理想なんだけど!

マンガ家漫画やアシスト漫画が好きなんだけど、この作品は昨今のマンガ家漫画の中では一番おもしろいな。
いつかこの主人公は漫画を描くのだろうか、そして三人の美少女の誰かは主人公と恋に落ちるんだろうか。
身につまされすぎてココロが痛むけど先が楽しみな漫画です。

毎回描かないということが落ちにできるのがすごい。主人公がほんとに漫画が下手でどうしようもない、どうするんだろう、ほんとに。

楽天で見る

描かないマンガ家(1) [ えりちん ]


価格:680円
(2013/6/4 10:48時点)
感想(6件)

↑page top↑