忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

漫画家マンガを読め!

マンガの中でも特殊なジャンルを確立しつつある漫画家、漫画家周辺(書店や編集、小説家、作家・画家)を扱った漫画を語っていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 09月 22日|comment(-)

ブラック・ジャック創作(秘)話 5

エピソードの続く限り出版されると思っていたが5巻で終了。
しかしすべてが濃いエピソードだったし、どれも読みごたえがあった。
エピソードを語る人々の手塚治虫への愛情、
このマンガを描くために漫画家になったのだと言う 吉本 浩二さん、
ひとつの作品や雑誌を作り上げるための執念。
とくに雑誌を間に合わせるために、ポケットに砂をいれて輪転機を止めるぞと脅す制作さんの話がおもしろい。
本人は「そんなことするはずがないでしょう」と語られているが、そんな風な噂がたつほど、
毎回すごい戦いが制作と印刷所との間で行われていたのだとわかる。

しかしこのマンガを通して知ることができるのは、
確かに手塚治虫はマンガのアイデアにおいては天才だったかもしれないけれど、
その他に関してはすさまじい努力をし、ものすごい集中力を持った人だと言うことだ。

才能、努力、集中、ついでにいえば持続力。

これらがひとつでも欠ければおもしろい作品は生まれない。

「ブラックジャック創作秘話」を読むたびに、私は創作の力がもらえる。たぶん、他の人たちも。



ブラック・ジャック創作(秘)話~手塚治虫の仕事場から~ [ 吉本浩二 ]


価格:700円
(2014/9/2 14:47時点)
感想(9件)

PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑