忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

漫画家マンガを読め!

マンガの中でも特殊なジャンルを確立しつつある漫画家、漫画家周辺(書店や編集、小説家、作家・画家)を扱った漫画を語っていきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 06月 27日|comment(-)

激マン! 永井 豪

激マン! 1 (ニチブンコミックス)
激マン! 1 (ニチブンコミックス)

永井豪もけっして絵が上手い作家というわけではない。顔は崩れるし体型も変だ。しかし永井豪にしか描けない世界がある。そして影響力がある。
永井豪が時代を振り返りつつ、当時描けなかった分まで好き勝手に描いたデビルマン史。

「アオイホノオ」永井豪版というか、永井激という漫画家が自分の半生を語るんだけど、描いている作品は「ハレンチ学園」に「デビルマン」。なんで名前を変更する必要があるのか、と。
しかも主人公はハンサムに描かれている(表紙の中心にいるのが「永井檄」)。往年のファンにはひややっこ先生の方がなれ親しんでいるんだけど、「アオイホノオ」も小林まことの「マガジン」も、主人公はシリアスなハンサムに描かれている。


まあ、アオイホノオにしてもマガジンにしてもシリアスなシーンがあるのでそこでギャグタッチの顔にするわけにはいかないってことなんだろうけど、永井激はハンサムすぎる。
島本和彦のようにギャグをいれるわけでなく、まじめに当時の漫画に対する思い入れを描いている。
この漫画の特徴は漫画内漫画というのか、デビルマンが今の永井豪の絵で描かれて挿入されていることだ。
デビルマンを読んだことのない読者、たとえば相方ちゃんはこうしたぶつ切りの挿入でも「おもしろい」と言っていた。
永井豪の本当の目的はこれなんじゃないか? 半生を語りながらデビルマンをもう一度書き起こして新しい読者を獲得するというか(笑)。
まあデビルマンは誰にでも読んでほしい名作だからそれはそれでかまわないのだが。

しかしそれにしてもこの作品を読むと永井豪という作家がいかに不思議な漫画家かわかる。
永井豪はネームを割らない、直前まで頭の中になにもない。
漠然と悪魔対人間という構図だけを抱いてぶっつけ本番で描いているのだ。
最初殺すつもりだったわき役の涼が、最後まで明にかかわってくるなんて───描きはじめた当初は思っていなかったらしい。それでちゃんとオチをつけるんだからすごい。

───たしかに連載当初、読んでいて「あれ? あの話はいつ説明されるの?」というようなところもあったが。

この「激マン」という作品は、一人の作家の偉大な物語ができあがるまでの話を、そのまま物語にした───もしかしたらまたぶっつけ本番で思いつくままに描いているのかもしれないが───いわば小宇宙ができあがるまでの物語なのだ。



激マン!(6) [ 永井豪 ]


価格:630円
(2013/7/6 16:53時点)
感想(2件)

PR
↑page top↑